高級クラブへ行く時の服装は基本的にスーツ、お店の雰囲気を崩さないように

服装にはTPOというものがありますが、高級クラブにもふさわしい服装というものがあります。
たとえばキャバクラやスナック、ガールズバーならラフなTシャツや短パン、足元はサンダルでもOKです。

しかし、銀座の高級クラブともなると、基本的にスーツやジャケットスタイルの綺麗な私服が無難でしょう。

高級クラブではラフすぎる格好は浮いてしまいますし、銀座界隈にあるドレスコードの厳しいお店では、店内の雰囲気や客層に釣り合わない格好の場合、そもそも入店拒否されてしまう可能性もあります。

フォーマルな雰囲気の服装がおすすめ

冒頭でお話したように、もし高級クラブに遊びに行く時に服装に迷ったのであればスーツを着ていれば間違いありません。
それ以外の服装の場合は、ジャケットにシャツ+スラックスなどのフォーマルな雰囲気のファッションを選びましょう。

高級店の多くは、いわゆるスマートカジュアルと呼ばれる服装を推奨しています。
シンプルで清潔感があり、お店の雰囲気を壊さないような服装を選んで下さいね。

デキる男性は香りにも気をつかう

最近では、男性でも香水を使う方が増えています。
しかし、せっかく服装に気を使っても、強い香水の香りをぷんぷんさせていたら、周囲のお客様にも迷惑です。

香水を使うなら、できるだけ控えめに付けましょう。
入店直前につける際は首など上半身につけると臭いが強くなってしまうので、靴下につけて足元からさりげなく香らせたり、ごく少量を手首につけたうえで少し香りを飛ばしてから入店する程度だと丁度いいでしょう。

ドレスコードではなくてもカジュアルな服装はNG

高級クラブといっても、ドレスコードまで明確に設けているお店は意外と少ないものです。
ですがドレスコードが無くても、カジュアルな服装は避けましょう。
とはいえカジュアルな服装というのも曖昧ですよね。

具体的には、Tシャツ、デニム、ハーフパンツはNGです。
シャツの場合も、あまり派手すぎる柄になってしまうとカジュアルに見えてしまいます。

また、足元はサンダルやスニーカーだけは絶対に避けましょう。
鞄もリュックやショルダーバックなどカジュアル過ぎるもの、スポーティーなものはお勧めできません。
場合によっては入店を拒否されてしまう可能性も十分にあります。

各お店によって上記の基準は異なりますが、基準が緩いお店であっても、こうしたカジュアルすぎる服装にならないようにするのは最低限のマナーです。
迷った時にはスーツにするか、シンプルなシャツとジャケットにすればまず問題ないでしょう。